神前結婚式の流れ

国指定の重要文化財であるステンドグラスが印象的な神門。
加賀百万石の祖 前田利家公とおまつの方が祀られ、
夫婦円満のご利益で知られる尾山神社。
歴史と自然深き尾山の杜に抱かれた尾山神社の「神前式」は、
お祀りされた神様の前(ご神前)でふたりの結婚を報告する厳かな日本の挙式スタイル。
家族や近しい親戚が参列して行い、両家の絆を深める場にもなっています。

~1日の流れ~

1.お仕度

着付やヘアメイクなど当日の主役である
おふたりのお仕度をしっかりと整えさせていただきます。

2.ロケーション撮影

当日の思い出を残す写真撮影を開始
尾山神社境内や鼠多門橋での記念写真やスナップ写真を撮影いたします。

3.「参進の儀(さんしんのぎ)」

花嫁行列の名で知られる婚礼儀式のひとつ「参進の儀」
神職・新郎新婦・親族が並んで行列を作り、結婚式が執り行われる神殿まで、ゆっくりと進んでいきます。
美しい衣装を身につけた参列者が、神社の境内を目指して歩いていく、見た目にも華やかな儀式となっています。

4.神前結婚式

下記式次第の通りに式を行って参ります。

祭典終了後、記念品の贈呈等を行います。

5.披露宴(食事会)

つば甚謹製の婚礼料理に舌鼓を打ちながら、
和洋合わせた演出でゲストをおもてなし。

少人数のお食事会でもケーキカットや鏡開き、
おみくじゲームなどいろいろな演出を楽しめます。

6.お開き

宴会場口にてゲストの皆様をお見送りいたします。
送賓の際にプチギフトをお渡しになられる方も。

実際の式のイメージ

  • 神前結婚式 

    神聖な拝殿での挙式が執り行われます

  • 神楽「末広の舞」

    巫女によるお祝いの舞 お二人の新しい門出を祝し舞を奉納いたします

  • 憧れの和婚

    伝統的な花嫁スタイル

  • 境内ロケーション撮影

    国重要文化財「神門」でのドレス写真は前撮り・当日撮りも可能

  • 芸妓による舞の披露

    華やかな演出でゲストの皆様をおもてなしいたします

  • お庭を臨むロビー

    挙式前の時間をゆっくりと

ブライダルフェアでご相談